銀行カードローンおすすめは?低金利で審査が早いカードローン!

銀行カードローンおすすめは?低金利で審査が早いカードローン!

銀行カードローンの中には即日融資も可能な審査時間が短いカードローンがあります。

一般的に即日融資キャッシングは急にお金が必要となった人に向けで審査時間が短いかわりに、金利が高くなっているのが特徴です。

しかし銀行カードローンだと消費者金融系のカードローンと比較すると金利も低く、同じ金額を利用するのであれば、返済する利息は少なくて済みます。

即日融資が可能という事は、審査にかける時間が短いという事です。

即日融資を行っている金融機関といえば消費者金融が代表的ですが、銀行カードローンは、消費者金融系カードローンよりも金利が低く設定されているので、審査の難易度は高めであると考えられます。

銀行カードローンの申込み条件としては、20歳以上で安定した収入があるというのが一般的です。

またほかのカードローンと同様に安定した収入があるかどうかが審査基準となります。年収、勤務体系、他社借入件数が調査されることになります。

消費者金融系カードローンよりも難易度は高くなっているので、審査対策を行っておく必要があります。

年収や勤務体系は短期間で変えることは難しいので、他の業者からの利用を減少させておくというのが、具体的に取れる対策として挙げる事が出来ます。


銀行カードローンのランキング基準

銀行各社が行っているカードローンは、銀行ごとに金利や限度額に違いがあるので、少しでもお得な内容のカードローンを選択するためには各銀行カードローンの特徴をよく調べておきましょう。

しかしネットで申し込める銀行カードローンだけでも数が非常に多いので、すべてを調べるのは、かなり時間が掛ってしまいます。

そこで銀行カードローンのランキングを参考にするのが手っ取り早いです。

ランキングの上位に位置している商品には、人気を集めるだけの理由があると考えられます。

金利、最高限度額、収入証明書類が必要かどうか、審査のスピード、入出金を行う事が出来るATM数等を勘案してランキングを決めています。

もちろん人気ランキング=優秀な内容とする事は出来ませんが、自分の知りたい条件について調べる上では、非常に便利です。

即日融資OKの銀行カードローンを探すチェックポイント

「金利も低くて融資額も大きい銀行カードローンで即日借入できればいいのになあ~」と思う人は多いのではないでしょうか?

でも銀行で“即日OK!”となるカードローンの数はまだまだ少ないのが現状です。

そこで銀行カードローンで即日融資が難しい理由と、銀行カードローンでの「即日融資可能なカードローン選び!」における大切なチェックポイントを解説します。

“即日融資OK!”は今日のカードローン業界でのトレンドになっている!?

カードローンを利用する上で、申し込んだ当日中に融資が受けられる“即日”のカードローンは、もはや既定路線と言ってよいのではないでしょうか。

だから“即日キャッシング”は、いまやカードローンを利用する上での常識と言ってよく、プロミスなどの「消費者金融カードローン」はその代名詞と言っても過言ではありません。

さらに言えば、銀行カードローンについても少しずつではありますが、即日の借り入れに対応できるようなところが増えています。

つまり、“即日融資”のトレンドの波は、「即日借入が難しかった銀行カードローンをも呑み込もうとしている」と考えてよいのではないでしょうか。

かつて銀行カードローンでは即日融資に対応できるところはほとんどありませんでした。

言ってみれば、「銀行カードローンで即日にお金が借りれないのは当たり前の事」でもあったと言えます。

その代わりに金利が低く限度額も大きめとなって、即日でなくても融資を受けられれば大きなメリットが享受できるのが銀行カードローンの大きな存在意義と思われます。

しかし、最近では銀行カードローンにおいても即日融資に対応する事は、“集客力”の観点から言って無視できない利用条件となってきたようです。

それゆえ、最近では銀行カードローンでも、条件次第で即日の借り入れに対応できるような努力や体制が整ってきたと言えます。

が、そうは言っても、即日融資が確実となる消費者金融カードローンと比較すると、銀行カードローンでの即日融資では“即日の確実性”との点において一抹の不安が残ります。

“即日融資OK!”の銀行カードローンはなぜ少ないの?

消費者金融カードローンと比べて、未だに銀行カードローンで確実に即日融資に対応できない原因は主に2つあると考えてよいでしょう。

1つ目は、「銀行の審査は時間がかかる」ことです。

即日融資を確実に行うためには、審査にかかる時間がカギです。

できるだけ審査を早くして短くすることが条件となります。

なぜなら、審査に時間がかかり過ぎると、その後の融資手続きを即日融資に間に合わせることができなくなってしまうからです。

では“即日融資に対応確実!”と言われている消費者金融カードローンでの審査時間を見てみましょう。

・プロミス⇒最短30分

・アイフル⇒最短30分

・アコム⇒最短30分

・モビット⇒最短30分

以上のように、即日融資が対応可能となる消費者金融カードローンはすべて自社公式HP上で、「審査は最短30分」と明記しているのです。

そのことから即日融資の可否は、審査時間が30分程度で完了するのか、あるいはもっと時間がかかってしまうのかで決まると考えてよいのです。

他方で、即日融資への対応が難しいカードローンや即日融資不可となるカードローンでは、公式HP上で審査に要する時間を明確に記していません。

それゆえ、審査時間が提示されていないようなカードローンでは即日融資の可能性は疑わしいものとなります。

そして、そのような即日融資が疑わしいのが「銀行カードローン」なのです。


もう一つの原因は、「審査の難易度」です。

一般的に、銀行カードローンは審査が厳しめで、消費者金融カードローンは審査が甘めになると言われています。


即日融資に対応できるカードローンは、アコムやアイフルなど審査が甘いと言われている消費者金融カードローンとなることに疑いはないでしょう。

そのことから言うと、「審査が甘めで難易度が低いカードローンは即日融資の可能性が高くなる」と言って間違いないでしょう。


ではなぜ審査が甘め、ゆるめだと即日融資が可能となるのでしょうか?

それは“審査が甘めになる”と言うことは「簡易審査」になると言うことであり、簡易審査は必然的に審査にかかる時間が短めとなり審査が早く終わるからです。


他方で、審査が厳しくなって難易度が高くなればなるほど、いろいろと細かい点まで詳細に目を入れて調べることになるので必然的に審査にかかる時間は長くなります。

そうなると審査が終わっても即日融資まで手続きを済ませられる時間的余裕が無くなり「即日融資不可」となってしまう訳なのです。


もう一つ審査が厳しくなって審査時間が長くなってしまうのは「保証会社の有無」が関係します。

たとえば、アコムやモビットなどの消費者金融カードローンでは、消費者金融自体が保証を行うので保証会社が付きません。

それゆえ、カードローン審査も消費者金融の1社のみの審査となるので審査時間も短くなります。


一方、銀行カードローンの場合は100%保証会社が付きます

≪主な銀行カードローンでの「保証会社」≫

銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行『バンクイック』 アコム
三井住友銀行 プロミス
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
りそな銀行 オリックスクレジット
じぶん銀行 アコム
ジャパンネット銀行 プロミス
イオン銀行 イオンクレジットサービス

(2016年11月23日現在)


保証会社が付く銀行カードローンでは、審査において“銀行自体の審査”と“保証会社による審査”が原則となるので、どうしても消費者金融よりも審査時間は長めになってしまいます。

そして、2度の審査の目が入るので審査は厳しめになってしまいます。

そのことから審査時間の短縮が難しい銀行カードローンでは、どうしても即日融資に対応できる時間的余裕が作り難くなって“即日NG”となってしまうところが多くなるのです。

「即日審査・即日回答=即日融資」じゃない

銀行カードローンの公式HPをのぞいてみると、「即日審査」「即日回答」との言葉に交じって「即日融資」といった言葉が見受けられると思われます。

そして、それらの言葉を見た少なくない方が、「即日審査」も「即日回答」も「即日融資」もみんな“即日にお金が借りられる!”と思い込んでしまうのです。


しかし、これらの言葉には明確な違いがあり、その違いをしっかり把握しておかないと融資で大きな失敗をしてしまうことがあります。


◆ 「即日融資」⇒ 申込時間帯などの条件を満たせば原則として申し込んだ当日中にすぐに融資可能

◆ 「即日審査」⇒ 審査は申し込んだ当日中に行われる。が、審査回答は即日中となる保証なし。かつ即日にお金を借りれる保証なし。

◆ 「即日回答」⇒ 申込時間帯の条件をクリアすれば原則として審査結果は即日回答。ただし即日融資の保証なし。


たとえば、みずほ銀行カードローンの公式HPでの『お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)』のコーナーでは、審査と融資について以下のような説明をしています。


「最短即日、審査結果を回答します。ただし、申込時間帯が午後の場合、翌営業日以降となります。」となっています。

引用元 みずほ銀行カードローン 『お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)』 -みずほ銀行 HP" target="_blank">みずほ銀行カードローン 『お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)』 -みずほ銀行 HP

つまり、みずほ銀行カードローンでは、最短で「即日審査」「即日回答」となります。


ただし、先の『お問い合わせ・FAQ(よくあるご質問)』で“即日融資”のキーワードで検索をかけても無回答となっていました。

そのことから「銀行カードローンで即日OK!」となるものを見分けるひとつの目安と考えられるのが、「即日審査」や「即日回答」となる銀行では、なかには「即日融資」まで対応できる場合もありますが、必ずしも即日の融資に対応できる訳ではないと言うことなのです。

そして、会社HP上で「即日融資」を明確に言及している銀行カードローンが“即日融資OK!”の可能性が高い銀行カードローンになります。

「ネット銀行カードローン」は狙い目!?

即日融資が可能になる重要なポイントと言ってよいのが「ネットキャッシングやネットバンキングでの融資に対応している」ことです。


ネットキャッシングあるいはネットバンキングなどのネットを利用した指定先口座への振込融資なら、カードローン専用カード発行による物理的な時間ロスが無いので融資スピードがとても早くなります。

ネット上でなら融資手続きが簡単で融資スピードも早くなれば、それだけ即日の借り入れができる可能性は高くなると言ってよいのです。


ネットキャッシングやネットバンキングが特に充実しているのは、「ネット銀行カードローン」です。

ネット上に開設された銀行であり実店舗をもたないことから、すべての融資手続きがネット上で完結できることになるので迅速に済ませられて融資もネットキャッシングとなります。

つまり、ネット銀行では「ネットキャッシングのノウハウが特に充実している!」と言ってよいのです。


以下にネット銀行カードローンでの“ネットキャッシングまでの時間”を紹介しておきます。

≪ネット銀行カードローンでの「ネットキャッシングまでの完結時間」≫

ネット銀行カードローン ネットキャッシングまでの時間
ジャパンネット銀行 申込から融資まで最短60分程度
東京スター銀行 正午までにWEB契約を完了できれば即日融資OK
イオン銀行 イオン銀行に口座あれば手続きと審査が簡略化されて即日融資はOK
住信SBIネット銀行 審査からネット振込まで最短60分

(2016年11月23日現在)


ネット銀行カードローンでスムーズにネットキャッシングで即日融資を受ける条件としては、「同銀行に口座をもっていること」となります。

それゆえ、口座がない場合は、カードローンに申し込む前に、口座開設の手続きを先に済ませておくことをオススメします。

即日融資クリアするための“条件の有無”を確認

即日の借り入れが確実に可能になるアコムやプロミス、アイフルやモビットの消費者金融カードローンでも、即日融資を受けるためには“条件”があります。

その条件を無視して申し込んでも即日にお金を借りる事はできません。


プロミスなどの消費者金融カードローンで即日融資を受けるための“条件”は、「申込時間帯の縛り」となります。

具体的に説明すると、特別に混雑している特殊事情以外では、「平日の午後2時くらいまでに申し込みを済ませる、あるいは申し込みから審査までを完了させておく」ことです。

消費者金融カードローンでの即日融資での条件はたったこれだけです!

だからアコムやアイフルなどの消費者金融カードローンでより確実に即日の借り入れをするなら、午前中のできるだけ早い時間帯に申し込みすることを強くオススメします。


一方、銀行カードローンでも゛条件”さえクリアできれば即日融資に対応してくれるところはあります。

が、銀行カードローンでの即日融資では、先の「申込時間帯の縛り」の条件以外にも“附帯条件”が付くケースが多いのです。

それゆえ、銀行カードローンで確実に即日融資を受けるためには、「即日OK!」となる“条件の有無”についてしっかり確認することが大事です。


具体的に即日融資可の銀行カードローンでの「申込時間帯」以外の附帯条件は以下の通りとなります。

≪即日融資可の銀行カードローンでの“即日融資のための利用条件”≫

銀行カードローン 即日融資の「付帯条件」
三菱東京UFJ銀行『バンクイック』 ・「テレビ窓口」を利用して申込当日にカード発行してもらう事
・カード発行までの時間はだいたい40分程度
三井住友銀行 「ローン契約機」を利用して申込当日中にカード受け取る事
楽天銀行 ・楽天銀行の口座ある事
・小額融資となる場合のみ
セブン銀行 セブン銀行の口座ある事
みずほ銀行 ・みずほ銀行に口座持っていることが条件
・みずほ銀行キャッシュカードに「カードローン機能」を附帯することで可能

(2016年11月23日現在)


ちなみに銀行カードローンでの即日融資における「申込時間帯の縛り」は、“午前中の申し込み”になると考えてください。

ただし、「無人契約機」での即日カード発行による即日融資が可能となる、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』と三井住友銀行カードローンについては午後の申し込みでも即日に対応可となります。